【WordPress】Akismetは本当に無料?【スパム対策】

Wordpress

ブログを開設したらまずやることの一つにスパム対策があります。

僕もブログを始めるにあたってスパム対策はせねばと思い色々調べたんですが、どのサイトもこぞってAkismetを薦めてくるので「これが最適解に違いない、知らんけど」ということで盲目的にAkismetを導入することにしました。

ブログ初心者にはよくあるパターンではないでしょうか。

ただこのAkismet、僕のように「アフィリエイトをやってみたい」「Googleアドセンスを入れてみたい」と考えている人が注意すべき点があるのですが、その点について明らかにしているサイトは少ないようです。

今回はAkismetを無料で利用する際の注意点についてまとめていきます。

Akismet無料版は商用サイトでは使えない

このAkismetというのはWordpressのプラグインの一つで、サイトに送られてくるスパムメールを自動で選別し削除してくれます。
スパムからサイトを守り、サイト管理の効率をあげ、Googleからの評価が下がる(サイトにスパムリンクがあるとGoogleからペナルティを受ける)のを防ぐ上で非常に有効です。

優秀なアンチスパム機能と無料で使えるということで多くのサイトで紹介されていますが、この”無料”には条件があることを明示しているサイトは少ないです。

その条件とはサイトが非商用であるということ。

 

Akismetの登録ページを進んでいくとこのページに行き当たります。
無料で使いたい場合は自分のサイトについて次の3点を満たす必要があると書いてあります。

  • 広告を載せない
  • 商品やサービスを販売しない
  • 事業の宣伝をしない

これらを満たさない場合は有料版を使ってねと。

Googleアドセンスの導入やアフィリエイトを考えていた方のほとんどは、無料で利用できると思っていたAkismetが実は無料ではなかったことにここで初めて気づいたかと思います。

僕もここで気づいて導入を断念しています。

Akismetを紹介しているサイトの多くは無料の条件について書いていませんし、根拠はわかりませんが「個人での利用であれば問題ない」と記述しているサイトもあるため混乱した方も多いのではないでしょうか。

 

WordPressの公式サイトにはこう書いてあります。

PS: You’ll be prompted to get an Akismet.com API key to use it, once activated. Keys are free for personal blogs; paid subscriptions are available for businesses and commercial sites.

PS: 有効化されると、Akismetを使用するためにAkismet.comのAPIキーを取得するように促されます。キーは個人ブログの場合は無料ですが、企業や商用サイトの場合は有料購読が可能です。

 

ここでいう”個人ブログ”とは何でしょうか。
WordPressのサポーターによれば次のとおりです。

Free keys are for personal, non-commercial sites only – no exceptions. If your site has advertising, selling products or services (a.k.a. ecommerce), soliciting donations or sponsorships, affiliate links, or is in any way related to a business, non-profit, or educational organization – it is not considered to be a “personal website” and you’re required to have a paid plan for each site. Per our documentation and Terms of Service, we can suspend sites for noncompliance of those terms.

https://wordpress.org/support/topic/free-account-api-limit/

無料キーは、個人的な非商用サイトにのみ使用できます。サイトが広告、製品やサービスの販売(eコマース)、寄付やスポンサーの勧誘、アフィリエイトリンク、ビジネス、非営利、教育機関に関連している場合は、「個人のウェブサイト」とはみなされず、各サイトの有料プランが必要となります。私たちの文書と利用規約によると、私たちはそれらの条件の不遵守のためにサイトを一時停止することができます。

 

これではっきりしたと思います。

Akismetを使っていながらアフィリエイトリンクやGoogleの広告を貼っていると、サイトの停止などの罰則を受ける可能性があるのです。

もしもあなたのサイトがこれに該当する場合は、Akismetを無効化するなど早めに対処することをお勧めします。

Akismetの代替手段は?

Akismetの他にも無料で使えてスパム対策に有効なプラグインはたくさんあります。
WordPressの【プラグイン】→【新規追加】から「Spam」とかで検索してみると評価の高いプラグインがありますから、いくつか試してみるのもいいかもしれません。

もしくはWordpressのコメント機能を停止してしまうとか。
でもできるだけ機能は制限したくないですよね。

僕としてはこちらの記事でも紹介している無料のサービス「reCAPTCHA」を紹介しておきます。「CAPTCHA」と呼ばれる防護システムを利用します。

【Wordpress】reCAPTCHAはSEO効果が高い?v3を設定してみた
Googleが提供するreCAPTCHAを導入したサイトは検索ランキングが高いらしい…ということで試しにreCAPTCHA v3を導入してみました。

reCAPTCHAはスパムが送られること自体を防いでくれますから、その点ではAkismetよりも優れているのではと個人的には思っています。
先日からこのサイトでも試しに導入しています。

まとめ

ブログを始める方の多くがアフィリエイトやGoogleアドセンスの導入を検討していると思います。同時にAkismetを紹介したサイトを参考にして無料版の条件を知らないままAkismetを導入してしまった方も多いのではないでしょうか。

広告を貼るとしても有料版を購入すれば解決することではありますが、ブログ自体いつまで続けるかわからない…といった方にとってはそれも難しいでしょう。

規約違反によって何らかのペナルティを受ける前に、他のプラグインを導入するといった対応策を講じておくことをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました